ハチラボ

なるほどBIRTHDAYじゃねーの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私とこわしや我聞 

こわしや我聞の連載が終了して、我聞の載っていないサンデーを手にした今週。
載ってないのに、探してしまう───
物足りなくて、寂しいものですね。

そういえば「こわしや我聞」を読み始めたきっかけをまだ書いてなかったな…と思い、さらっと語ってみます。

私とこわしや我聞

連載開始は2004年の11号から───
…らしいのですが、実を言うと連載が開始された頃の事は、あんまり覚えてないのです。
その頃の私と言えばサンデーを「D-LIVE!!を読む為に買っている」状態でした。
D-LIVE!!一作なら立ち読みでいいじゃないかと思われるかもしれませんが、好きな作品は繰り返し読みたいものです。
それにサンデーは毎週ではありませんが、子供のころから読んでいる雑誌───
惰性も手伝って、高校生ぐらいから毎週欠かさず買って来ました。

もちろんD-LIVE!!以外にも好きな漫画がたくさんあったから、こうやって読み続けて来れたんだと思います。
でもそんな風に「なんとなく」読んでいるサンデー。
「こわしや我聞」が始まった時も、そんな感じで「なんとなく」読んでいました。

初めて我聞を意識したのは第16話だったでしょうか…
表紙がタイヤを担いだ我聞のイラストでした。

「この藤木俊って言う漫画家さんは、なんて私好みの筋肉を描く人なんだ!」

筋肉て。

でもそう思って前の号からさかのぼって読むと、やっぱり私好みの筋肉。
こう言う注目の仕方もあるんだな~と、今更ながら思ったりします。
ちょうどその回は我聞のお母さんが亡くなった時のエピソードで、それまでなんとなく読んでいたわりにはじわっと涙腺が…

いいお話を描かれる漫画家さんだ───

そんな風にどんどんこわしや我聞にのめり込んでいったのですね。
3巻の手鏡の頃には「コミックスを揃えようかなぁ」と思い始めていました。

当時私はサンデー系のサイトを持っていて、そこはある作家メイン、サブメインにサンデー全般と好きなゲームと言うかなりよろず色の強いサイトでした。
今の我聞サイトはコンテンツもお絵かきBBSも全て我聞オンリーですが、そのサイトはオエビもよろず───我聞にハマるにつれ我聞絵の登場回数が増えて行った事を思い出します。
当然辻原さんも描きました!

辻原さんといえば4巻の十曲戦ですね!
名セリフである「一応私も前は“こわしや”と呼ばれてましたのでね───人間専門ですが」ですよ!

壊されてぇ───!!

撃沈。
あなたに一生付いていく。
もう、辻原さんしか見えない…っ!

そうです、今のサイトを作ったきっかけです。
辻原さんが好きすぎて、ものすごい勢いで今のサイトを作りました。まさに突貫!

ほんと「この作品には人を動かす原動力がある」んじゃないかと思わずにはおれません。
───ちょっと大げさかなぁ…なんて思ったりもしますが、「こわしや我聞」には一度、とても辛かった時期を救って貰った事もあるのです。
まぁ、その話は漫画とあまり関係ない話なので、機会があれば語らせて下さい。

■我聞の思い出を語るサイト様■
ふるぱーしゃるの秋月らせんさん
口からホラ吹いて空を飛ぶ。の汁粉善哉さん





漫画ってホントどんどん増えるので、置き場所の問題もあって、よっぽどでなければ買わないように心がけているのです。
今サンデーで連載されている漫画で持っているコミックスは「こわしや我聞(終わったけど)」「クロザクロ(来週終わるけど)」「絶対可憐チルドレン」「D-LIVE!!」だけです。
スポンサーサイト
おはようございます、minaさん。
minaさんと「こわしや我聞」との思い出話、ちょっと意外でした。
minaさんて途中からのファンだったんですね。
増刊の話なども結構されてるんで、てっきりその頃からのファンだとばかり思っていましたよ。
かくいう自分も途中からのファンです。
かなちんと辻原さんの夫婦漫才にしてやられたのが我聞にはまったきっかけなもので、かなちん登場以前の事はよく覚えていないのです。
「第8研」に初めてコメントさせて貰ったのも、確かかなちん・辻原絡みだったと記憶しています。
途中でブームに乗っかって桃子に走りましたが、やっぱりかなちんが好き。
かなちんがいい!かなちんぐらいがちょうどいい!
某大物サイトの人気投票でもかなちんに投票し続ける日々ですよ。(まだ2回しか入れてないけど)
それにしても───

筋 肉 て !

あれぇ───!?
辻原さんからじゃなかったの───?
き、筋肉なん!?筋肉フェチー?フェチ師匠もびっくりだヨ!
ひ、ひどい・・・!アンタ、最初から身体だけが目当てだったのね・・・!
何ておなごじゃ!ワシが教えてるやる事なぞ何も無いわぁ!
出て行けい!貴様は───免許皆伝じゃあー!(えー

>とても辛かった時期を救って貰った事もある
そうなんだ・・・。知られざる深い絆があったわけですね。
自分も諸中漫画に救われてますよ。漫画が無けりゃ生きていけないmyライフ。
辛い事があれば漫画を読み、悲しい事があれば漫画を読む。
何はともあれとにかく漫画。漫画と生きる現実逃避の日々。
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ・・・!_| ̄|○

>業務日誌
Σ(;゜Д゜) こやつ・・・っ!やりおるわい!
[ 2005/12/04 09:03 ] ストロベリー男爵 [ 編集 ]
成る程、筋肉だったのですね。いや、ツッコミじゃなく。
人によって何がハマるきっかけになるか判らない物ですよね。
キャラだったり、台詞だったり、筋肉だったりw
いやむしろ「いい男(ウホッ!ではない)」なんですかねw
でも良い話を描く作家さんだったのも事実な訳で。
そちらは後でゆっくり味わうものでもあるのかなーなんて。
まだ9巻が控えてますし、もう少しゆっくり味わっていきたいものですね。

某スレで凄え低脳職人さん達に転がされるのもまた一興。

ではでは♪
[ 2005/12/04 11:08 ] 汁粉善哉(しるこ) [ 編集 ]
こんにちは、minaさん。

昔サンデーにはこんな名言がありました。
「ワシが泣いとるんじゃない。筋肉が泣いとるんじゃあ!!」

今週のサンデーに「こわしや我聞」が載っていない寂しさは
思う存分、筋肉で泣いて(?)寂しさを紛らわせて下さい。

それにしてもHGとか某B級デブグルメ番組とか、
いつ来てもコメントのクオリティまで高いサイトです。
これもひとえにminaさんの人格のなせるわざなんですね(心酔)
>これで改装してくだされ。⊃500円
これはいまだにツボですよ。

と こ ろ で 。

…モールス信号?…朝まで?…仙術修行?

minaさんにはサイトをコレからも続けていただいて、
どこまで逝けるか見守らせていただきたいと思います。
[ 2005/12/04 15:42 ] 秋月らせん [ 編集 ]
こんにちは。
勝手者です。
藤木先生の作品は筋肉や場面が細かい部分まで繊細に描かれていて本当にすばらしいと思います。
細かく描かれているのは絵だけではなく、一人一人の人物像が設定されていてつい感情移入してしまう作品で、まだ終わるには勿体無い作品です。
終わった後も名残惜しく、勝手に後編を想像したりしてしまいます・・・
それだけこわしや我聞はすばらしい作品だったと思います。

そういえば私は第八巻が発売する直前・・・
十曲と我聞が闘っていて、我聞が暴走して、國生さんが止めるという所からの崇拝者で、かなり遅い参加者ですね・・・
ですが、私もこわしや我聞に惚れた一員ですので宜しくお願いします!
[ 2005/12/04 15:53 ] 勝手者 [ 編集 ]
■男爵さんへ■
こんばんは、男爵さん。
もう、連載が始まる10年前から我聞ファンだったみたいなノリでサイトを運営していますが、実はそうなんです。
私だってね、「増刊で初めて見たときから藤木先生のトリコですv」なんて事言ってみたいよ!
始めの頃はさらっと読んでたなんて、辻原さんに申し訳なくって…(妻失格!)

漫画の読み始めってやっぱりきっかけが必要だと思うのです。
友達に進められて「ナルト」を読もうとジャンプを買ったはいいけど、内容がよく分からなくて(つまらないとかじゃなくて、ストーリーが分からない)絵柄に惹かれて読み始めた「いちご100%」にはまっちゃったとかね。
小学校の頃「minaちゃんは絶対こう言うの好きだと思うよ」と、友達のお兄さんが貸してくれたスプリガンとかね。
───まぁ、筋肉でハマったとかちょっとアレかもしれないけれど…
断じて「身体が目的だった」わけではないのよブラザー!
いや、うん…HG。あれはいいものですよフォ───!もう く ぎ づ け 。

連載が始まってすぐ熱烈ファンに成れるとかは「初恋の人と結婚出来る」ってくらいの確立かもしれません。
運命の人に早い段階で出会って、ずっと一緒にいるか、いろんな人と出会って、最後に運命の人と出会うか。
───なんて大げさに考えてみたりな!

>業務日誌
「ときめき」ときたら「業務日誌」でしょう。
これは「山」「川」ぐらいに当たり前の事ですよ?

■しるこさんへ■
こんばんは、しるこさん!
ブログの國生さん、素敵でした…ウットリ

ええ、何にハマるかなんて人それぞれですよねv
筋肉だとか眼鏡だとか、ヒゲだとか白衣が似合うだとかさ!(白衣はないか)
漫画ってたいてい絵に惚れて読み始めることが多いのですが、やっぱりストーリーも重要です。
我聞の場合は「私好みの筋肉」と「私好みのストーリー」が同時に来たのが良かったと思います。
コミックスを買うほど好きになる漫画はそう多くない。
と言うより作家を好きなると言った方が正しいかもしれません。
事実私は「作家買い」の傾向が強く、同じ作家の本をずっと買い続けて来てるのですから。
辻原さんに会えなくても藤木先生には一生付いていくと思います。

さて、某スレの件ですが、あれは萌え転がりますね!
あの転がるエネルギーを地球環境に役立てたいくらいです。
もうすでに全員の転がる距離を合わせたら地球とM78星雲を往復してるんじゃないでしょうか?
地球に優しい転がり発電。
[ 2005/12/04 22:20 ] mina [ 編集 ]
■秋月さんへ■
こんばんは、秋月さん。
メランコリックな夜は筋肉で泣いてみたい…
って、筋肉なんかないよ───!!頑張っても力こぶとか出ないよ!
ちょうだい、私に逞しい上腕二等筋をちょうだいぃぃいいいい!
…やっぱり腕立て伏せとかした方がいいんでしょうか…プロテインとか。

>劇的なアレ
今日の放送もばっちり見ましたよ!
うちにも早くフェチの匠がこないかなぁ。
って言うかフェチの匠はいらっしゃったのですが、純情可憐な乙女に向かって「身体が目的だったのね!不潔ぅぅうう!」とか仰るんですよ…
(近頃純情可憐とか言いにくくなってきましたが)
しかし、フェチ師匠もしるこさんもネタのクオリティが高いですよね。
それは秋月さんもなんですが───指導碁みたいなものかもしれません。
ネタのひねりが甘い管理人を指導する為に、わざわざ高度なネタをフリに来てくださってるのですよ!(感涙)

そんなネタの甘い純情可憐(まだ言うか)な管理人ですから、どこまで逝けるかわかりませんが逝けるとこまで逝っちゃいますヨ!
でも第8研及びハチラボはスパルタ教育…ゆとり教育と違って付いてこれない子は置いてけぼりになってしまうのです。

■勝手者さんへ■
こんばんは、勝手者さん。
我聞に出てくるキャラたちって本当にしっかりした設定を持っていましたよね。
どのキャラを取ってみてもものすごく個性があるのです。
性格が個性的とか言うんじゃなくて、その人物の生活や将来が想像できる、しかも誰一人としてかぶってないと言う感じ。
卓球部だけとってみても「佐々やんだったらこう言うだろう」とか「恵だったらこんな反応するだろうな」と想像できる。
それは、安易に想像出来るからパターン化されていると言うのではなく、キャラ自体がしっかり立っているからなんです。

また、そこまでしっかり立ったキャラを描いてるにも関わらず「最初からキャラの細かい設定を考えたんだろうなぁ」と言う事を微塵も感じさせない先生が凄いです!(褒めてます)

今もまだ我聞達がいて、普段どおりの生活をしながら本業に精を出しているような感じがしますね。
これは「妄想をする余地を残してくれた」最終回のおかげだと思うのです。

好きに時間は関係ありませんよ!(と言うかそう思いたい)
また思いの深さや浅さも、我聞が好きだと言う事はみんな一緒だと思ってます。
でも、辻原さんの事を一番好きなのは私です(と言う人が全国に50000人)
[ 2005/12/04 22:22 ] mina [ 編集 ]
こんばんは、minaさん!
最近仕事が忙しくて、とうとう駅のホームで歩行中に気絶しましたあにょです。人生初経験ですw

>壊されてぇ───!!
いや、この時点で、もうあなた壊れてます。大汗

皆人それぞれ感じるものがあって、こうして脳内でつながってしまったんですね。minaさんとは、メガネもしくは筋肉つながりでしたか。
いつか一緒にスクワット1000回でスマイルしましょう(ぇ

毎日がメモリアル・・・
気絶して死にそうになって、でも生きてかえってこられたらネタになるなと思った。
というわけでフハってます。ふははは。
自己管理がなってないって叱ってください。
たぶん反発します。

不器用でも、かっこ悪くても、そんなヒゲメガネが好きです。いつまでも。素晴らしい人生です。
[ 2005/12/07 05:24 ] あにょかわわ [ 編集 ]
こんばんは、あにょさん!
え?え?
駅のホームで倒れたんですか?
あにょさんが寝る間も惜しんでお仕事されていたんだと思うと…
栄養のあるものを食べて、しっかり休んでくださいね。

こちらも年末に向けていつになく忙しいです。
多分、ここ2.3年のうちで一番忙しいかも…2月の中ごろまでちょっと大変です。
それでもやりたいことがいっぱいあるし───削れるのって「睡眠時間」と「食事時間」しかないですものね。
お互い出来るだけ寝て、出来るだけ食べましょう!

もうね、我聞の身体がいいんですよ。
(や、やらしー意味じゃないですよ!)
肩とか鎖骨とかヒジの感じとか。
上半身裸の筋肉絵なら一巻の5話でもいいんだけど、私が我聞にはまった時の筋肉は16話。
どこが違うかって言うと、「血管が浮いてるか、浮いてないか」なんです。

いいよね!筋肉に浮き出る血管!
───
うん、我ながら細かいこだわり…(ほんとスイマセン)

最近「もしかして、辻原さんがメガネかけてなくても好きになってたかも」と思うことがあります。
いや、メガネは大好きなんですよ?グリングラスのお仲間に入れていただきたいくらい好きです。
でもね!
「辻原さんがメガネをかけてるから好きになったんじゃなくて、辻原さんだから好きなったんだ」
なんて思ったりするんです。


アホだな、私。
[ 2005/12/07 23:41 ] mina [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kuguraya.blog9.fc2.com/tb.php/68-26d91720

サンデーで先週まで連載されていた (正確には先々週)漫画、「こわしや我聞」。 多...
[2005/12/04 14:45] ふるぱ-しゃる
さて、こわしや我聞が終了した訳だが、それにあたって総括記事を書いてみたいと思う。最終9巻に収録される真芝突入編の展開の速さ、ストーリーに「巻き」が入っている状況を見て、「打ち切り」といった言葉がよく囁かれていた、事実終了したのだが、それは実際には正しい表
最近の記事
最近のコメント
プロフィール
  • Author:mina
  • 好きな漫画

    「こわしや我聞」
    皆川亮二全般
    好きな小説家
    島田荘司・綾辻行人
    二階堂 黎人・森 博嗣
    麻耶 雄嵩・有栖川有栖
    東野 圭吾

    緑谷半ケツ
管理人サイト
オススメ漫画

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 9 (9)
posted with amazlet on 06.01.18
藤木 俊
小学館 (2006/01/18)

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード


なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。