ハチラボ

なるほどBIRTHDAYじゃねーの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

主役は遅れてやって来る・今週の「こわしや蛍司」 

「正規軍に追いつめられてたときに、親父が戦場に現れて、敵味方問わず全部の武器と兵器を破壊してったらしい。戦車もマシンガンも正面から素手で…」(3巻P41)

正面から素手で!

そんな人間に「撃て!!無力化しろ!!」なんて───牙王タンは我也の化け物っぷりがわかってませんね!
仮にも仙術を研究している会社のトップでしょう…今回の逆転劇は真芝のトップである牙王の「仙術への認識の甘さ」が引き起こしたと言っても過言ではありません。
しかし…

いろんな意味で我也は規格外です!
地を這う拡散爆砕と言っていいのでしょうか?
万が一敵兵器に当たる前に息子や未来の嫁に当たったらとか、振動でフロアが崩れたらとかね、まったく考えてません!
破壊力云々より「ムチャクチャなオヤジだな」と言った昴真矢さんの的を得た言動に、頭がちぎれるほど同意です。

もちろん息子も負けてません!
あんたも床の心配を少しは…っ!(これが親子と言うものなのか?)
ギリギリルドルフに当てないと言う正確なコントロールに我聞の成長が伺えますが、これで床の強度がまた弱くなってしまいました。

さらに───お前らもか!
床を破って番司&若様&唇以外もはれぼったい七見登場!
あんた達も少しは床の(以下略)
これでフロアごと崩れて真芝側勝利とかになったら目も当てられません。
とにかくもう他のこわしや達もみんな揃って“こわす”事に夢中じゃありませんか…あの理来さんでさえレッツイリュージョンです。
(真芝のやられっぷりについては口からホラ吹いて空を飛ぶ。のしるこさんが素敵に解説されてます)
(また、理来さんへの激しいツッコミがP&S浪漫日記。の瑞希さんから!)

そんな中、優さんの事をストーカーのごとくどっかのモニタールームで見ていた(多分)山薙晃・第一研所長が!
うん、そうだよね…最大の武器「マガツ」が壊された今、彼に出来るのは脱出用ヘリの準備くらいだよね。
出来ればチラリと優さんをみて「……」なコマがあればなぁ…来週あるかもしれないけど。
別にお互いがお互いの事を知らなくてもいいかもしれない。
優さんの出た大学の怪しげなサークルで部員のみに配られたペンダントとかね。
「うちのサークルにいた“伝説の天才エンジニア”だったんだ」──そんな感じで直接出会ってなくても。
でもそれじゃちょっと寂しい。
どうせならロマンスがあったと信じたい(だってあのペンダント優さんの宝物だし)

話が少しそれましたが、やっと牙王タン逃げる事にしたようです。
思えばさっさとトンズラするかと思われていた牙王タン───聞かれてもいないのに「マガツ自慢」「秘書自慢」「マインドコントローラー自慢」と───それだけの為に延々居座り続けました。
で?
最後に「マガツタマ自慢」ですか!
そう言う事を全ては省いてとっとと逃げればいいのに…牙王タンのスネオっぷりには呆れてしまいます。
裏を返せばそれだけ“マガツタマ”を信用していると言う風にも取れますが、それでも己を過信しすぎではないでしょうか?

まぁ、そんな迂闊っぷりをフォローする人間がいるから余裕でいられるんでしょう。(真芝の人材豊富っぷりはきょうのがもん・あにょかわわさんのお宅で御確認下さい)

凪原。
このワカメがここまで頑張り屋さんだったとは思いもしませんでした。

「こいつの命が惜しかったら動くんじゃねぇ!」

優さんのクマ殺しで完全にノックアウトされたと思われた凪原が、國生さんを盾に牙王を逃そうとする。
能力については無能としか言いようのない凪原ですが、よく働くコマではあります。

「オレは成り上がる……!」

このセリフに誰かに認めてもらいたい気持ちや、きっといい人生歩んでこなかったんだろうなぁなんて事を汲み取ってみたりするんですが、それでもこのワカメだけは許す事が出来ません。
(私の)辻原さんに銃を向けた時点で親の仇です。
(私の)辻原さんの身体に風穴を開けた時点で霊界通信にアクセスです。
例え死後地獄の業火に焼かれようと、辻原さんを殺した凪原だけは閻魔あいに頼んで地獄送りです。
しかし───奇跡と言う名の天使がわら人形の紐を固く縛る。

「ありゃ、ここでもう一仕事ありましたか。道理で神様も私を生かしとくわけですよ」

一瞬時間が止まる。
この口調は…あの人以外ありえない。

どこからともなく飛んでくるコーヒー缶に一瞬凪原の意識がそれ、その虚を突いて凪原の懐に飛び込んだ我聞の拳が炸裂!

「ん。いい判断です」

つ…辻原さぁぁああああん!!!

おいたわしい事にボロボロの一張羅…傷だらけの体に左手は骨折してるのか吊ってあります。(その添え木になりたいよ!)
でも、でもいつも辻原さんです…胡散臭いセリフも全部!なによりこんな二人と居ない男前は辻原さん以外にありえません。(漫画・アニメ感想帖(仮)のsougetsu1223さんも大喜びです)

逢いたかったよ、辻原さん。
ずっとずっとお待ちしてました。
一度だって辻原さんの生還を疑った事なんて───あったりなかったりだけど…私は辻原さんに出会うために生まれてきた女!
どんな姿だって生きていてくれて嬉しいです。
ナイス神様!(って言うか藤木先生ありがとう…!)

そんな辻原さんの姿を見た我聞の表情がまた…
今まで見たこともないような顔。
こんなにも辻原さんの事が好きなんだと思い知らされる、あの我聞の表情を言葉で表すのは難しい。
安堵の中に見える切なげな表情───こんな顔、我聞は辻原さん以外には決して向けません。
そして辻原さんの我聞を見る優しい目。
こんな辻原さんの表情もまた、我聞以外に向けられないのです。(ドリーム全開)

もう、この時点ですでにサンデーをふやけさせない為(溢れる涙で)高く掲げながら読んでるって言うのに…
ついにアレが来た!

先々週のアレは予行練習だったんですね!(父親を使っての)
気が暴走し始める我聞の腕に、そっと手を添える國生さん。

「流入する気の一部を陽菜が打ち消して…気の制御を可能にしたか…!」
と、冷静に解説するもきっと「後でカラになるまで気ぃ抜いてやる」とか思ってそうな國生父。
(☆yasiのひとりごとの☆yasiさんからたけチンに衝撃の事実が!目からウロコ、目からハナミズ…必見です)
(さらにくっ!ガッツが足りない!のよししとさんから國生父にトドメの一撃が!もう我聞は…)

「もはや暴走とは呼べませんね」
その通りですね、辻原さん!(そのコーヒーはどこから持ってきたんだろう)

「社長と秘書の合体技じゃな!」
少年誌でなんて事を…っ!優さんのたまらなく嬉しそうな顔が素敵です。

「決めちまえ。ガキども!」
なんて言うか…いい御身分だよね、我也さんって。

二人のこの手が真っ赤に萌える!幸せ掴めと轟き叫ぶ!ばぁぁく熱ッ!ゴォォッドフィンガァァ!!
石ッ!    破ッ!

突き 貫け!
ラァァブラブ!天驚拳ッッッ!!
突 貫 !


強い二人の絆の前に、こわせない物など、何もない。
ついに来週は最終回───



「これはまだ、工具楽屋にいた方がよさそうです」

辻原さんの工具楽屋復帰宣言。
待ち望んでいた辻原さんのこの言葉が、嬉しくてたまらないはずなのに───どうしてこんなに悲しいんだろう。
やっと辻原さんが帰ってきたのに───どうしてあと一週でお別れしなくちゃいけないんだろう。
連載漫画はいつか終わるものだ。
昨日まではそうやって納得していたんだけどなぁ。
やっぱり辻原さん見たらどうしょうもなくなってしまった。

もっともっと見ていたかったよ。

***
ちょっとコメントやメールの返事遅くなります…
スポンサーサイト
今回はすごかったですね。
まさに全員集合ってかんじで大暴れでしたし。
ようやく我也さんも復活し、ありえないような仙術を使って周りを一掃したりと化け物でしたね。
そして・・・辻原さんが登場。
いい所で出てきてくれました。さすが辻原さんです。
牙王も我也さんをなめていますね。
たかが兵器が我也さんを無力化できるわけがない!
ばんばんやられちゃってます。
そして、逃げようとする牙王に一撃を下すのはやはりあの二人・・・。一緒に父親の記憶を取り戻した時と同じように、二人で最後の一撃を!!・・・。
といった感じで今週が終わり・・・
いよいよ来週・・・。全てが終わってしまう・・・。
やはり第二部とか始まらないのですかねぇ・・・・
気になることも少し残っているのに・・・
何はともあれ、今までの総まとめ・・・しかと見届けようと思います・・
[ 2005/11/16 23:01 ] 勝手者 [ 編集 ]
こんばんは、勝手者さん。
こわしやメンバー(+若様)がいきいきと暴れまわっている描写はすごかったですね!
ああ、この人たちは「こわしや」なんだと。

それにしてもさすがは辻原さんです!
一番おいしい場面をかっさらうなんて…これは辻原さんじゃなきゃ許されないところですよ?
もう、あの缶コーヒーをどっから出したとかどうでもいい問題ですよねv
やっぱり辻原さんには缶コーヒーがよく似合う…家では普通にコーヒーメーカー使ってるのかなぁ。

せっかく辻原さんが工具楽屋に戻ってくるのに、辻原ファンにとってはこれからと言う時なのに…もったいないな。
すっかり心の中に住み着いてる辻原さんだから、連載が終わっても果てしなく妄想は出来ます。
出来ますが───やっぱりそれとは別物で、寂しい気持ちを偽る事は出来ないですね。

出来るならずっと辻原さんを見ていたかった。
だけど、新しい世界もまた、楽しみだったりするのです。
[ 2005/11/17 01:40 ] mina [ 編集 ]
こんばんはです。あと5日ですね。その前に8巻か。
て、俺が住んでる処はコミックスは1日遅れなんですよorz

今回で一応の決着で最終回はエピローグなんですかね……。
でもな、想像のナナメ上を時々かっ飛んで行くからな(笑)
俺は最終回感想を書いた後はまとめ記事を数回に分けて書きたいと思っています。
「まだだ!まだ終わらんよ!」


PS:辻原さん復活おめでとうございます。「下が川」か~。そこまでは予想しなかったな。

PS2:ミニパト、アニメは以前観たのですが爆笑。うさんくせえ~(笑)押井守万歳。内容もかなりマニアック。あれ内容理解できる人ってどれだけいるんだろう?
[ 2005/11/17 22:53 ] 汁粉善哉(しるこ) [ 編集 ]
こんばんは、しるこさん。
うちは多分明日だと思います。
先生がブログで仰ってた巻末4コマが楽しみなんで、出来るだけ早く手に入れたいところですね!
辻原さんが一箇所でも出てれば言う事ないんですが…

最終回は今までの伏線回収でしょうかね…我聞が語り手で、第一研から工具楽屋に帰って来たあたりから?
なんか漢坂とか登ってる画像が最終ページだったらウケまくるんですが!
現在の予定では「最終回感想」「総括」と言う感じで二つに分けることになると思います。
やっぱりうちは我聞メインなんで、何かに付け我聞を取り上げていく事になるし、特に総括と言っても短いんじゃないかな~?
ええ、その時なってみないと。

気分によっては何も書けない常態になるかもしれませんしね。
早く明日にならないかな~

あと、パトレイバーですが、もう大好きなんです!
ミニパトは見てないのですが、テレビシリーズや映画はレンタルで全部見ましたし、コミックスも全巻持ってましたv
今でも遊馬は大好きだなぁ。
あとメガネキャラって事で内海課長と黒崎君ははずせませんね!
[ 2005/11/18 02:21 ] mina [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kuguraya.blog9.fc2.com/tb.php/64-20673230

我聞オンリーで感想を書くのははじめてです。サンデーの括りでは書いたことありますがね。次号は最終回ですが、我々ファンの中では永久に続きます。では、感想。辻原さん、生還!!!全国一億3000万の辻原ファンが泣いた!!もう、感動がとまりません!....
えっと、「藤木屋」の告知で少々ヘコみましたが、ネガティブに行くよりは最後まで楽しくいきたいものです。なのでレビューは軽いノリで行きたいと思います。では今週の我聞~。今回は冒頭から我也親父がやってくれました。ズン床踏み抜きです!デタラメです!ほとんど範馬勇
※ネタバレに御注意ください。~サンデー51号 87話~終了まで残り2週と迫ってきていたのを知りつつ、ページを開かなくてはいけないこの緊張感。手がプルプル震えます。寒さのせいでもありぃのなのですがね。なんだこの心臓の圧迫は。動悸が激しい・・・。くっ息苦しい・・
今週のサンデー51号のテーマは、人は暴走して大人になるです。今回は申し訳ないですが短めです。ps.xhtmlベースにしたものの、コメントの改行が<br>から<br />に変更できないのが痛い(泣)というわけでサンデー感想51号です。こわしや我聞...
[2005/11/19 05:06] ☆yasiのひとりごと
週刊少年サンデー51号今週の表紙は石原さとみちゃんですサンデーって巻頭グラビアはいらないと思いますそう思うのは僕だけですか?夜行のみなさんが合流どんな人たちがい
なんだかんだで3週間くらい休んでいてごめんなさい。次週ついに最終回ですか…ハァ…。最終回の日や、その週の土日は盛大に絵茶でもしたい気分です!では感想逝きますっ
[2005/11/20 21:33] P&S浪漫日記。
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

mina

  • Author:mina
  • 好きな漫画

    「こわしや我聞」
    皆川亮二全般
    好きな小説家
    島田荘司・綾辻行人
    二階堂 黎人・森 博嗣
    麻耶 雄嵩・有栖川有栖
    東野 圭吾

    緑谷半ケツ
管理人サイト
オススメ漫画

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 9 (9)
posted with amazlet on 06.01.18
藤木 俊
小学館 (2006/01/18)

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード


なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。