ハチラボ

なるほどBIRTHDAYじゃねーの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SAIとSST 

絵を描くのにSAIというペイントソフトを使っています。
使い始めたばかりのころは曲線・折線ツールがまだ実装されてなかったなぁ…
などと昔のことを思い出しつつ―――

なんで最新バージョンはSSTが使えないの!
(最新の Ver.1.1.0 では使用出来ません)

と嘆いてみる。
SSTと言うのはSAIの機能補助ツールです。
フルスクリーン・スクロールバー非表示・フローティングプレビュー・定規・カラーパレット・キャンバスの書き出し・クリップボードからの読み込み・簡易TWAINサポート
上記の機能をSAIに追加してくれます。
この追加機能のうち「定規」がすごく便利だったんですよ。
実際定規以外の機能はほとんど使ってなくて、その定規の中でも「集中線」以外はあまりつかってませんでした。
SSTの中の集中線しか使ってなかったんなら別になくてもいいんじゃないか?
と、思われるかもしれませんがWEB漫画をよく描いていたので、集中線は必要不可欠だったのです。
そんなわけで便利に使っていたわりに使いこなせてなかったSSTですが、とても便利だと思うのでSAIの1.0バージョンを持っている方、試されてはどうですか?
ご自分が最新版の場合はお友達が1.0のファイルを一式持ってるとかだとラッキーですね。
(部分的な上書きは設定ファイル等、色々問題がありそうなのでしない方がいいと思います)

SST beta 8e

DLして解凍後、SAI Launcher.exeをクリックしてSAIのあるフォルダを指定するだけです。
私も壊れたPCのHDにSAIの1.0バージョンが入ってるんで、データのサルベージ後、今使ってるサブPCにインストールしようかな~と。
でもPCケースからドライバー使ってHD取り出すのがめちゃくちゃ面倒なので、そのうちいつか(ほんとだめ人間だなぁ)
あ、それからSSTがないと絶対集中線が描けない!って事はないです。
saiで集中線(pixiv注意)

画像を使って詳しく説明をしてくださってます。


SAIの筆圧感知について
ときどきご質問をいただくので、コチラでも少し触れてみます。

筆圧感知しない時
タブレット設定ファイルユーティリティによる削除
 1. スタートメニューからタブレット設定ファイルユーティリティを開きます。
   [スタート]→[すべてのプログラム]→[タブレット]→[タブレット設定ファイルユーティリティ]
   (ドライバのバージョンによって名称が異なる場合があるようです)
 2. [現在のユーザーの設定ファイルを削除]もしくは[全ての設定ファイルを削除]を実行
※SAI公式「ペイントツールSAI - よくある質問と回答」より。

vistaの場合は「ログインユーザーの設定ファイル」を削除で行けました。
「すべてのユーザーの設定ファイル」って言うのが同じ画面の下にあるけど、そっちは削除しなくても大丈夫でした。
ワコムのタブレットだけに起こる現象みたいですね。
はじめて筆圧感知が出来なくなったときは上記の方法を知らなかったので、ドライバを入れなおしたり、再起動したりとバタバタしたものです。
何かいつのまにか直ってたり不思議!
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

mina

  • Author:mina
  • 好きな漫画

    「こわしや我聞」
    皆川亮二全般
    好きな小説家
    島田荘司・綾辻行人
    二階堂 黎人・森 博嗣
    麻耶 雄嵩・有栖川有栖
    東野 圭吾

    緑谷半ケツ
管理人サイト
オススメ漫画

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 9 (9)
posted with amazlet on 06.01.18
藤木 俊
小学館 (2006/01/18)

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード


なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。