ハチラボ

なるほどBIRTHDAYじゃねーの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恋の茨道 

◆WEB拍にコメントくださった方へ
こんばんは、しるこさん。
終わってしまいましたね~
と、いってもまだ読んでないけどな!
最終回だしすごく読みたかったりするんだけど、クラサンで読めない分のお話がかえって気になりそうな気もするし、色々悩んでしまいます。
しるこさんは「クラサンに移籍した途端に面白くなった」と言うけれど、私にとったら「さらに面白くなってんの?」だからなおさら。
かわいくてかわいくてかわいいデコのかわいいっぷりが気になっちゃうよ!

月に一冊づつと聞くと「長いなぁ」とか思うんですが、毎月お楽しみがあると考えればそう悪くないかも。
クラサンで読む読まないにかかわらず、コミックスは買うつもりなので、のんびり楽しんじゃおうかな!



◆おすすめまんが

豊田悠先生の「野ばらの花嫁」

良くある極道との恋愛物なんですが、面白い漫画だなと思えるのはヒロインの山田千鶴の性格がなかなか男前なところかなと思います。作者様のおっしゃるとおり「なつかない白猫」で簡単にはデレないの。
読んでるこっちが「久世(梅垣組三代目)にもうちょっと優しくしてやって!ヤツは君にめろめろなのよ」とお願いしたくなります。
読みきりが好評で続編が始まった本作ですが、4話目の終わりの方でようやっと千鶴が久世に微笑むのですよ。
それまでは多少照れたりする場面はあっても基本仏頂面ですからね!

自由人の母親(母子家庭です)が一億の借金を残してどこかへ行ってしまった事から、話は始まります。
債権が女子高生である彼女の身に降りかかることなり、肩代わりをしてくれたのが梅垣組三代目で高校の同級生久世光流だった───のですが、肩代わりの条件が「三年間許婚のフリをする」と言うものでした。

と、こういう事情で久世との同居生活(ひろいお屋敷だし二人っきりじゃないし、とうぜんお風呂でばったりとか全然ない)が始まったため「金で人を思い通りにするやつなんか嫌いだ」とか「人を担保扱いか」とかヒロイン超ツンツンになっちゃうわけです。
それでもちょっとづつ二人の距離が縮まっていく感じがとてもいい。
巻末おまけまんがとかニヤリとしちゃうよ!
LaLaDXで続いてるんで、続巻がとても楽しみです。


スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

mina

  • Author:mina
  • 好きな漫画

    「こわしや我聞」
    皆川亮二全般
    好きな小説家
    島田荘司・綾辻行人
    二階堂 黎人・森 博嗣
    麻耶 雄嵩・有栖川有栖
    東野 圭吾

    緑谷半ケツ
管理人サイト
オススメ漫画

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 9 (9)
posted with amazlet on 06.01.18
藤木 俊
小学館 (2006/01/18)

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード


なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。