ハチラボ

なるほどBIRTHDAYじゃねーの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

放送禁止感想 

ニコニコ動画で放送禁止を見つけたので、張っておきます。

放送禁止 ある廃ビルにかかわり失踪者続出 1 2 3 4 5
放送禁止シリーズ2 大家族の悲劇 1 2 3 4 5
放送禁止シリーズ3 ストーカー地獄編 1 2 3 4 5
放送禁止シリーズ4 恐怖の隣人トラブル 1 2 3 4 5
放送禁止シリーズ5 しじん村 1 2 3 4 5 6

観た人間の数だけ真相がある!
───とか、そこまでは申しませんが、公式の回答編がないので(あったらゴメン、見つけられなかった)諸説のどれが正しいかなんて断言できません。
私自身間違った事を真相だと思っているかもしれないのです。
まだ封印中の記事もありますが、よさげなサイト様を発見したのでご参考に。
放送禁止

以下簡単に私がたどり着いた真相を置いておきます。
(検証サイト様ほど詳しく書いてないので、あまり役には立ちそうにありませんが)

元の紹介記事 ■ある廃ビルのお話
主犯はビル管理人の財前で、超能力のようなものを使う乙骨、四人目の失踪者大橋、取材スタッフのカメラマンが共犯。
乙骨が経営していたビル内の会社は「Z」がシンボルマークになっている新興宗教ではないか。
大橋が友人の福田と女性2名を入信させる目的でビルに誘い込む。
女性2名の洗脳は上手くいったが、福田の洗脳は上手くいかず殺害(乙骨の超能力のトリックを見破ったとか、カルト性の高い宗教だった為に福田が騒いだか、そんな理由)
福田が殺害されているであろう事は、「管理人の財前がはめていた腕時計と福田の腕時計が同じである」「福田のみビル内部から出てこなかった」点で想像。
女性たちは入信して失踪し、大橋らとどっかで修行でもしてんじゃないかな。
インタビュアーの女性、男性スタッフも洗脳された模様。
カップやガラスが割れたのには何らかのトリックが使われているのでは?
男性スタッフの頭痛は出されたコーヒーに薬が入っていたか、目の前で超能力を見せられ催眠状態だったか。
目の前で超常現象が起きていて、スタッフ2人がパニック状態に陥ってるにもかかわらず、カメラのみ平常に回っていることから、カメラマンも信者だったのではと想像しました。
財前が主犯だと思うのは、ところどころに財前の立っている姿がカメラに写っているからです。信者たちを監視してるのかなと。
あとUFO云々はフェイクだと思います。

■大家族の悲劇\r
子供の落書きが大きなヒント。
末っ子が怪我をしたシーンで、隣の部屋でお絵かきをしていた女の子の絵に注目。
「パパがおとうとをなぐった」(こんな感じの言葉)と絵の横に書かれています。
仲良し家族と言う割には空々しい空気がただよい、朝のラジオ体操に遅れてきたという理由だけで娘を折檻。
豹変っぷりや家族の反応から「父親が常々暴力をふるっている」事が分かります。
特に難しい謎解きはなく、子供の落書きからすべての真相が引き出せるお話ではないでしょうか。
看護士の母親と薬学部を目指す長女が「パパ特製メニュー肉の佃煮」に隠し味(砒素・入手は母親)を入れて、体を弱らせる。
甲子園を目指す長男が父親を「ジャストミート」
隠し味付きの佃煮をいつもつまみ食いしていた猫のエンリケは砒素中毒でしょう。同じメニューでも体が小さい分死に至ったと。
心霊写真は、写真自体は本物で「いっぱい霊が集まっている」と言うのも本当でしょうが、霊障はさほどなかったと思います。
虐待で父親に殺された三男の仇を討つためと、DV父を葬りたい為の計画殺人。
入手経路は不明ですが、手に入れた鳥居の写真を大量複製、父親を霊障による事故と見せかけるため自宅ポストへ。
その時点では大怪我だけで死ななかった(パパのはしごをたおしたと言うメッセージ付落書きがある)
そこで砒素によって体を弱らせた頃に鳥居写真を再開し、霊能者まで呼んで霊障説を印象付けさせたのち、長男のバットで殺害。
エンリケと一緒に庭に埋められているんだろうな。

■ストーカー地獄編
筒井は三年前に兄をストーカー被害によって亡くしてから、ストーカー被害を中心に活躍するフリージャーナリストになった。
ただ、兄の死は警察も事故・自殺・他殺のどれかとは断定できなかったため、当時兄をストーキングしていた女性にトリックを仕掛け、言質を取る───と言ったお話。
まずストーカー役の男性に、兄の仇である「佐久間希美(のぞみ)」をストーキングさせ、取材と言う名目で筒井が近づく。
彼女を追い詰めるため兄と仲良く写っている写真をポストに投函。
その写真は裏焼きで、背面には「思い出せ」等の言葉が書かれている。
すっかりストーカーの正体を写真に写っている昔の恋人だと思い込んだ希美に筒井は「この人は三年前に死んでいます」と告げる。
タイミングよくストーカー来襲。玄関の扉が激しく叩かれ、希美は錯乱したのち“わたしが殺したの”とつぶやいた。
三年前に殺したはずの男がストーキング出来るはずがないと、希美は分かっていなければおかしいので、
・自分のやった事を正当化しすぎて忘れていた
・殺したのがばれないようストーカーの正体を昔の恋人だと思い込んでいるふりをしていたが
 悪霊になってやって来たと錯乱した
のどっちかではないでしょうか。(多分前者だと思う)

このお話では専門家の証言が重要なポイントとなっています。
「ストーカー自らの行為に自覚は無く被害者意識を持ち自分を正当化している\r
 殺人にまで発展するケースもある\r
 ストーカーと被害者の立場が逆転して周囲に受け取られることがある(写真が裏焼きだった意味)」

ヒントとしては昔の恋人と言われる人物のお宅訪問ですべてあきらかになると思います。
仏壇脇に飾ってある家族写真のようなものに筒井が写っている。
子供が新幹線の絵を描いているが「新幹線は嫌い、パパは新幹線(=のぞみ)に殺されたから」と絵をぐちゃぐちゃに塗りつぶす。
希美の告白後「今の言葉、撮影しましたね」みたいなことを言った筒井のセリフに背筋が寒くなったお話でした。

■恐怖の隣人トラブル\r
最初に大きなヒントとして、隣家から大音量で聞こえてくる「狂言(能と似ていますが、笑い話中心なのが狂言)」がある。
つまり「これから起こることは狂言(偽りの意)ですよ」と言ってるわけです。
新興住宅地でのご近所トラブル。お隣さんからゴミを庭に捨てられるわ、誹謗中傷の張り紙をはられるわで大変な思いをしている女性のドキュメント。原因は隣家の奥さんに新興宗教への入会を誘われたが断った事。
ゴミだけでは飽き足らず、長男は毒入りドーナツで腹痛、主人は呪い殺されてしまった───でも今は引っ越して母子2人元気です。
一見するとただこれだけの事なのですが、実は浮気癖が治らない旦那を隣の奥さんと共謀して殺害すると言った内容。
随所に出てくる「×」の印は信者の証で、母子の移り住んだマンションにも飾ってあるをカメラが捕らえてます。
浮気旦那に隣の奥さんと仲たがいしているように見せかけ、ヒステリックに「お隣さんに文句言ってきてよ!!ウボア!」とそそのかす。
隣家に乗り込んだ旦那へ、隣家の奥さんが呪文を唱えると旦那は心臓麻痺みたいなものを起して死亡してしまう。
その場面をカメラが捕らえているし、医者も「相当なストレスから来た心不全」と証言───が病室に「×」マークが…
多分呪文を言う頃合にあわせて、コーヒーに毒を入れたのでしょう。隣家のコーヒー好きの旦那さんも少し前に同じ症状で亡くなってます。
この宗教では人を呪う時、大きく「×」のマークを空中できります。
旦那が隣家に乗り込んだ時、カメラの端に主人公の家の窓が写りこんでいるのですが、その窓際には大きく「×」字をきる母と子の姿が…
これが子のお話のホラーな部分ですね。
腹痛で倒れてうなってるはずの子供が窓際に立ってる事から、毒入りドーナツも狂言だったのでしょう。

■しじん村
自殺希望者のお手伝いをする名目で、元教師であるしじんが資財をはたいて作った「しじん村」
村に集まった自殺希望者が助け合いながら共同生活をしていると言うドキュメントである。
が、創設者のしじんにとって「お手伝い」とは「社会復帰のお手伝い」ではなく「自殺のお手伝い」であった。
今回のヒントはしじんのあいだみつおみたいな詩がヒント。
「人が最も美しいとき それは 生と死の間」
彼は死ぬ直前の人間の顔を見たいが為に、資財をはたいてしじんの村を作ったのです。あつまった自殺志願者を立ち直らせるふりをして、巧妙に死を感じさせる詩を散りばめる。(ねねねね=しねとか、詩と死をかけた言葉とか)
ポイントはビデオカメラ。
ハニコさんが二度自殺未遂した時、二度ともビデオカメラを持っていた…つまり死の直前の人間の顔を、記録に残しておきたかったと分かる。現に彼はたくさんのビデオテープを所蔵しており、ラベルには自殺した日付が張ってあります。
そしてもう一人、いえもう一組の主役が「フク」さんと「シュウ」さん。
この2人には心を病んで自殺した息子がいた。
じつはその息子の担任だったのが、この村の創設者しじんだったのである(自殺した少年の家族写真からわかる)
息子の死に疑問を感じ、しじんの村へ入村。
そこでの事件でしじんが「息子の死ぬ直前の顔をビデオにとりたかった為に自殺をそそのかした」と気づき、見事を復讐を遂げたのであった…(村での呼び名がフクとシュウ)
途中Sカルマが死んだ時にシュウさんが錯乱したのは「思ってもいない人物が死んだしまった」為だと思います。
危険を感じてマークしていたハニコさん(二度の自殺未遂のうち、二度ともこの2人が発見して阻止している)ではなく、ハニコさんが自殺を思いとどまるに至った存在であるSカルマさんの死。
Sカルマさんがいるとハニコさんの自殺シーンがビデオに取れない、「だから殺したんだ」と思い当たり、しじんの詩を壁から剥ぎ取り錯乱したと言うのもありでしょう。
一年後、すっかり様変わりしたしじんの村。
かたむいた看板をよく見ると「しにんの村」と読めます。


他にも気になる事はたくさんあるのですが、きりがないのこれくらいに。(5の筆跡とかあの人物は結局何者なの系とか)
スポンサーサイト
そんな番組あるんだーてどんだけテレビ見てないんだ俺。
テレビチェックしないのって実は結構損してるのかな。

コ、コナンや!コナンがおる!
素敵に名探偵ですわよお嬢さん。て俺このノリ怖くてよく見てない('A`)
普通のホラーだったら物の数じゃないけどドキュメント調の物て苦手なのよ…ブレアウィッチプロジェクトとか。

後で見てみよ…昼間に。
[ 2007/06/26 22:17 ] 汁粉善哉 [ 編集 ]
ちょ、いきなり萌えキャラになんないでよ、汁粉さん。
昼間観るって、どんだけ可愛いねん。

にこにこだとコメントで気がまぎれるからあんまり怖くないよ~
むしろ怖いのを我慢して観るからいいんじゃないの!
それにしてもドキュメントタッチが苦手なのか…普通のホラーは平気なのかな?

そんな私もホラーと名のつくもの全般苦手です。
でも時々2ちゃんのオカ板とかいっちゃう、好奇心猫を殺しちゃう。
あほなんだぜ…

cagelingの時もそうなんだけど、時々「謎解き系」に猛烈にはまる時があります。
すごい夢中になる。
だけど波があるからシリーズ6が放送されても飛びつくかどうか…
一番謎なのは自分の性格かもしれませんね。
[ 2007/06/27 00:54 ] mina [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

mina

  • Author:mina
  • 好きな漫画

    「こわしや我聞」
    皆川亮二全般
    好きな小説家
    島田荘司・綾辻行人
    二階堂 黎人・森 博嗣
    麻耶 雄嵩・有栖川有栖
    東野 圭吾

    緑谷半ケツ
管理人サイト
オススメ漫画

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 9 (9)
posted with amazlet on 06.01.18
藤木 俊
小学館 (2006/01/18)

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード


なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。