ハチラボ

なるほどBIRTHDAYじゃねーの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

放送禁止 

〜事実を積み重ねることが必ずしも真実に結びつくとは限らない〜

 “ドキュメンタリーの手法を使ったホラー作品という、全く新しいジャンルの企画“…それが、この「放送禁止」です。
 映画やドラマ等で、様々なホラー作品がはびこる中、実際の事実やデータを積み重ねていくことで、ホラーという物語(ドラマ)によりリアリティーを持たせることはできないか、という考えから生み出された企画です。
 巷で噂される数々の恐怖現象…その恐怖現象をテーマに、真にせまったドキュメンタリーの番組として制作。しかし、その内容や登場人物は全て架空のもの…つまりこの番組は、フェイクドキュメンタリーの手法を駆使し、リアリティを持った本当に恐ろしい映像を送る、今までにありそうでなかった画期的な作品なのです!

 しかし、VTRの現象は架空でも、その中にちりばめた情報は全て事実!
 実際に起こった事件のデータなどをもとに、現代社会の片隅に“実際に存在するかもしれない恐怖”を浮き彫りにします。

 そして、この作品では、物語の結論を明確にしていません。
 敢えて結論を明確に提示しないことにより、ご覧頂く皆さんにそれぞれ多様な解釈をして頂くことを可能にし、事件が完全に解決しないことにより、見終わったあとも恐怖感を持続します。
(フジテレビ放送禁止5より)

一見普通のドキュメンタリーなのですが、ストーリーの中に真の回答(それぞれの思う)にたどり着く「ヒント」がちりばめられている為、謎解きしながら見られます。
事情があってお蔵入りとなったVTRを再編集した───と言ううたい文句のですが、当事者の顔にモザイクが入ってない事や音声が変えられていない、人名が伏せられていない等からフィクションである事はすぐに分かります。
フジだし。
これ、NHKがやってたら「本当かも…」って思ったかもしれないなぁ。

初めて観たのはシリーズ2の「ある呪われた大家族」
私はシリーズ5まで観たのですが、このお話が一番真相が分かりやすかったと思います。
これを最初に観てなかったら他のシリーズ観なかったかもしれない。
(シリーズ1が難しすぎた為、2.3はだいぶ分かりやすく作ったようです)

ちなみに私の中での難易度を易しい順に並べてみると───
シリーズ2「ある呪われた大家族」
シリーズ4「恐怖の隣人トラブル」
シリーズ3「ストーカー地獄編」
シリーズ5「しじんの村」
シリーズ1 正式名称がちょっと不明。最初のが好評だったからシリーズ物になったって事かな?

■これから見る方にお勧めの視聴方法
シリーズ3までDVDが出てます。(BOXも出てます)
夜に一人で見ていると、フィクションだと分かっていてもちょっと怖いかも…

ネタとして観てみたい…でも怖いのはヤだし、真相が分からなかったらモヤモヤしそう───と言う感じの方にはニコニコ動画がオススメ。(放送禁止シリーズで検索)
一回目はコメント非表示がいいですが、二回も観る暇ないよーっていう方はコメント表示したまま見てください。
コメントが入ってると恐怖感も薄れるし、自分では気づかなかったヒントに気づく事も出来ます。
みんなのコメントを統合すれば真相にたどり着くのも容易だしね!

真相については2ちゃんにスレがあるらしいですよ。
(最新の5でさえ放送が2006年10月。もうDat落ちしてるかも…ええ、調べてないんです)

■真相にたどり着くためのポイント
絵や写真、らくがきに書かれているとりとめのないことが、あとで重要になってくる。
ヒントとなる映像が長写しになっている事がある。
画面の隅に「なんでこんな物が(人が)写ってるんだろう」と言う事がよくある。
細かいつっこみを入れたくなるような不自然さが、実はヒントだったんだな~と思わされる事が多いです。想像力を使って自分なりの真相にたどり着いてください。

みなさんの健闘を祈ります。

放送禁止感想(自分なりの真相とか)
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

mina

  • Author:mina
  • 好きな漫画

    「こわしや我聞」
    皆川亮二全般
    好きな小説家
    島田荘司・綾辻行人
    二階堂 黎人・森 博嗣
    麻耶 雄嵩・有栖川有栖
    東野 圭吾

    緑谷半ケツ
管理人サイト
オススメ漫画

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 9 (9)
posted with amazlet on 06.01.18
藤木 俊
小学館 (2006/01/18)

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード


なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。