ハチラボ

なるほどBIRTHDAYじゃねーの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

開発八部門だよ!全員集合!な今週の我聞 

最近朝夕問わず、めっきり肌寒くなってきました。
我聞の作中はもうちょっと先、12月に入ったあたりでしょうか?
中国の山奥に出発する我聞を見送る三姉弟が、パジャマにそれぞれ上着を羽織っていますね。
半纏の珠ちゃん、コートの果歩ちゃんは相変わらず可愛いですが、久々に斗馬の目が開いたトコ!
普通の小学生に見えるよv

さて、開発八部門の所長、全員集合ですよ~!
壊滅した第三研、欠番の第二研、そして桃子がいた第五研を除いた5人の所長。
優さんと何らかの関係があるだろう第一研の山薙晃、おしゃれ伯爵と呼びたい第四研のルドルフ・本条…この人女性に声をかける時は絶対「マドモアゼル」とか言いそう。
ご存知第八研の若様に爬虫類顔な第七研の御剣一振、そして───

ウワ───!!
真矢さん…前回登場時より若返ってませんか?
4巻の顔見せの時は「年齢の割りにおばさんくさい人だなぁ」と思ってたんですが…
で、さらに心の中で「この人は優さんとためを張れる位の巨乳だ!」とか信じてたんですが…
タイトスカートをプリーツスカートに替えれば女子高生ですって言っても大丈夫な可愛らしさ。
加えて「…だな」系の話し方。
p409の「ラクでいいな、それは…」のセリフに、この人引きこもり派だと確信しました。
色々思い違いしててごめんね真矢さん…っ!(クィーン・マヤとか言ってゴメンなさい)

それにしても真芝グループにはどの程度情報が入ってるんでしょうか?
我聞以下こわしや達が全員で第一研に向かってると思ってるのでしょうか?
我聞の名前は各所長達も注目しているそうですが、その所長達を全員集める必要があったのかを考えると、正直「集めすぎ!」とか思ってしまいます。
第一の関所に若様チームだけが待機しているというのもなぁ~
個人的には我聞と若様が最後の決着をつけるのかな?!と、浮かれ気味なんですが、各所長が本人にとって一番の兵器を持って周りを囲み、集中砲火すれば一気にカタがつくのでは?なんて事も考えてしまいます。
「どこの兵器が一番使えるかと言うテストも兼ねている」とか言われれば、ギリギリ納得する事が出来るかもしれませんが、将来の真芝を左右するほどのモノを守るにしては、ぬるいんじゃないでしょうか。

でも、それじゃ面白くない!
だって「真面目モード」の若様ですよ?
「我聞君とは正々堂々とケリを付けたい」とか言ってたらどうしよう!
本当は周りを囲んで一斉放火だったんだけど、若様が「一対一で戦わせてくれ」とか言って、真矢さんに「なぜそんな面倒な事をする」とか冷たい目で言われてたら鼻血吹くよ!
しかも

青若!(ブルーワーカー)

そう言えばブルワーカーとか言う健康器具が一時はやりましたね。
このネーミングセンス、普段なら笑い転げる所ですよv
でもそうは行かなかった。
すぐ次のコマの若さまに萌えちゃった…じゃなくて、若様の真剣な顔に「笑ってる場合じゃない」と。
まぁ最後のコマできっちり吹き出したわけですが───優さんの「お笑い集団!」と言うセリフと言うより、「集団」と言うところに。
何の罪も無い山岡さんが、その集団に含まれているのね…おいたわしい。

「通してくれないか?」

才蔵を「性根をこわす必要の無い相手」と認めている我聞。
頼めば通してくれる───そう思っての言葉。
なんとなく千紘さんは「通してあげてもいいんじゃないか」と思ってるような感じがするんですが───
本気モードの若様はその提言を却下。
あの渦巻く光は「仙核」?
新理論(テキスト)を使った兵装防護服に仙核まで搭載された「青若」
いつも以上にパーフェクツな若様に、我聞は太刀打ちできるのしょうか。
真面目顔の我聞と若様に萌え転がりつつ、まて次号!

いや、本当にもう…なんで我聞に出てくる男性キャラってこんなにカッコいいのさ…
久々に観た第一研の山薙もかなりツボ!だって黒髪ですよ?!インテリな上にメガネ!うんうん、メガネ男子はいいものだ。

今にも死にそうな國生パパが心配な管理人でした(頬こけすぎ!)



面白かった我聞感想サイト様
今週のこわしや我聞感想(工具楽屋商店-Netさん)
スポンサーサイト

体育祭の思い出 

昨日は近くの小学校が軒並み運動会やってました。
住んでる所が小学校の近くなので、ノリのいい音楽が開けた窓から飛び込んできます。
家の窓から校庭が見えるほど近いわけじゃないので、マスゲームだけ覗きに行ったりするんですが、この日ばかりは保護者カードが無くてもサッと校内に入っていけるんですよね。
普段はガードマンに止められます。
そういえば、私が小学校の頃はカードなんて無かったなぁ。
(モチロン校門は閉まってて、用のある人はインターフォンで開けてもらうようになってましたが)

お弁当をたくさん持って出かけていくご近所さん。
ふと、我聞の事を思い出します。
お母さんが亡くなってからの運動会、お弁当はどうしてたのかなぁと。
当時は果歩ちゃんも小さいし、お父さんは仕事だし───我聞タンがおにぎりたくさん作ってたとかだったらどうしよう!
いや、新妻っぷり全開の若辻さんが作ってたら?!ひぃぃいいい!!(卒倒)
その日ばかりはいつものスーツじゃないよね?
Tシャツにハーフパンツとかだよね?
そんな素敵若辻さんがやってきたら奥様達アンギャーですよ!
工具楽家の周りだけ、やけに人口密度が高くなりそうです…そこ!ビデオカメラを向けない!
私がその場にいたら自分の子供撮らないで、若辻さん撮りそうですヨ…・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
将来こんな母親になりそうな自分…_| ̄|○

ちょろっと歩いていける距離(5分とか)に中学・高校がないんで行きませんが、本当は中学や高校のマスゲームを見るのが好きです。
自分がやってる時は「熱い…死ぬ…なんで体育祭なんてもんがこの世にあるんだ?」なんて事を思ったりしたものですが(笑)
高2の時が一番辛かったな…暇すぎて。
うちは女子高だったので、体育祭の応援団は「男装の麗人」ぞろい。
炎天下にもかかわらず、ガクランとたすきで体育祭を盛り上げてくれましたよ!
私も一年生と三年生の時に応援団に入ったのですが、体が小さいのでチアをやらされました。

チアは衣装を自分達で作るのですが、裁縫が上手な子がいるクラスの衣装はそりゃー立派!
言わずもがな───2回チアをやりましたが、そのどちらの時も…うん、アレだ……・゚・(ノД`)・゚・。
ハイカットのコンバースとハイソックスをチームカラーに染め上げて、サテンのミニスカートと胸元をV字にカットしたノースリーブ。
2回ともこんな感じでした。
そんでもって髪の毛はポニーテールさ。

自分の出る競技以外中はずっと踊っているんで、あっという間の体育祭でした。
それ故に座ってしゃべってるだけの2年生の時は暇で辛かったんだな~。
2年生はやりたがる子が多くて、アミダではずれちゃったんですよ。
3年生は受験とかあるし、団長なんかのチームリーダー役になっちゃうからみんな敬遠する。
1年生の時は私の所属クラスが特進だったせいで誰もやりたがらなかった。
結局、やりたい時に出来なくて、やりたくない時にやらされた応援団だったんだなぁ…三回ともアミダで決まったってとこがもう。

だけどいい思い出ですよ!(超フォロー)
体育祭

ポロリもあるよ!今週のこわしや我聞 

「何かの聞き違いに決まってる!」

私だって先週銃弾に倒れた辻原さんを「何かの見間違いに決まってる!」と何度思った事か。
見間違うはずも無いその事実を受け入れがたくて───毎日何度も読み返すたびに落ち込んだ先週のこわしや我聞。

とても危険な場所からの電話。
“これが最後の仕事”と言う辻原さんからのメッセージ。
そして途切れる通話。
何かの間違いであって欲しいと、携帯に繋がるナンバーを押す。
だけど、突きつけられたのは残酷な事実───辻原さんの「辞表」だった。

ああ…社長と言う立場がもどかしい!
思わず飛び出した我聞を一喝する中之井さん。
拳を握って踏みとどまる我聞の、辛さを隠しきれない笑顔に胸が締め付けられます…今すぐ辻原さんを助けに行きたいだろうに。
階段に座り込む我聞の背中が切ない───。
きっと頭の中は辻原さんの事で一杯だろうな…(私もだよ我聞!)

それでも、心配して見に来た國生さんに

「よかったな國生さん、親父さん生きてて」

とか言っちゃうんですよ!この男前!
國生さんのセリフそのままに、我聞はいつだって「人の事を気にかけて、場を明るくしようと努め、いろんな事を一人抱え込んで我慢する」タイプの少年です。
どんなに辛い時も「大好きな人たちを悲しませたくない」と頑張っちゃう我聞。
そこに救われてきた人たちがたくさんいる、辻原さんだって我聞がいたからナイフの正しい使いかたを知ったのです。

だけど仙術修行の時、自分ひとりで何もかも何とかしようとして自滅しかけた事を思い出して欲しい。
あの時國生さんに「これからもよろしく頼むよ」って頬染めながら言った事を───とか思ってたら

「支え合うのが家族でしょう?!」

来た…っ、家族発言が来たよ───!!
涙目で「私はそんなに頼りないですか…?!」とか言われたらもう…
しかもコンボで

我聞のポロリが!

この連続技に鼻血吹きながら萌え転がりました…ゴワッハー
p402から國生さんがコーヒーを運んでくるコマの間に「何かあったはず!」とうっかり確信に満ちた妄想まで…タ、タスケテ───!
ああ…我聞タンまだ目の周りが赤いよ…

「そういや辻原さん、コーヒー好きだったな」
「いつも缶コーヒー飲んでましたね」


そんな二人の会話に「辻原さんのせいで私もついつい缶コーヒー買って来ちゃうよ!」とか思ってほのぼのしてたら…

若 辻 登 場

ナニナニ───!
この頃はまだ眼鏡してないの?前髪真ん中で分けてないの?
ずっとそのスーツなの───?!!
クッハー…たった一コマだけど…萌えるっ…この頃の辻原さんはまだ青臭い感じ…ああ、そこがいいんだよ!(ご病気)
幼くしてお母さんを亡くした我聞をそれとなく助けて来たんだよ…。
工具楽屋や我聞に恩を返すって言ってたけど、こうやってずっと我聞を支えてきてさ、無理して第一研行かなくても十分返しきれてるよって思うんだけどなぁ。

「なんとなく…兄ちゃんみたく思ってたんだ、辻原さんを」

卒倒。
我聞と辻原さんの絆に意識を失うかと。
これだけ思っていれば泣くよなぁ…
我也父さんが行方不明になった時は、詳細もまったく分からない上、社長業で泣いてる暇も無かった。
今回は場所も分かっているし、何より國生さんがいてくれる。
たくさんの困難を一緒に乗り越えて、連載開始時とは比べ物にならないくらい信頼しあっているこの二人───

ゆ、指きり───?!

二人して頬染めあって指切りと!
落ち込む我聞をちゅーで慰めるべきだとか、階段に座り込む我聞の背中にそっと抱きつくべきだとか、ちょっとでも考えた私のバカ!
指きり一つでここまで読者を悶絶させる事の出来る漫画家はこの世で「藤木俊」ただ一人だと思います。
いろんな事は結婚してからすればいい!
今はこんな二人に身悶えていたいものです(でもちゅーちゅーこれからも言い続ける)

さて、来週はいよいよ第一研突入か?
國生さんはお父さん似だなぁと思った管理人でした。




面白かった我聞感想サイト様
二人は家族、今週のこわしや(P&S浪漫日記さん)
今週のこわしや我聞の感想だっちゃ(工具楽屋商店さん)
サンデー感想43号(ふるぱーしゃるさん)
支え合い家族 泣きやんだらコーヒー(フィッシュ&スネークさん)
國生さんになら針千本飲まされてもイイ!(マンガがあればいーのださん)

GROW CUBE 

GROW CUBE

以前紹介したフラッシュゲームサイト「EYEZMAZE」に新作登場です。
前回のRPGと同じように10個のアイテムを順序良く配置して行くこのゲーム、正しい順序で配置すればLEVELが全てMAXとなり、開発成功になります。

間違った思い込みで、RPGの時より攻略に時間がかかりました…フウ

以下ネタバレ。

樹木のモトを配置すると、パイプを置く場所がないと思い込んでいたので、ずっと樹木のモトの前にパイプを置き続けていたんです。
途中でパイプの位置が合わないし、おかしいなぁ~と気付き、順番を変えることで成功しました。
これが最大の間違いだったのですね。
あと、火を大きく燃やしすぎたせいでツボが割れるし…ほんと苦労しました。
ゲストブックに「バグがどうのこうの」と言う書き込みがあったので、お恥ずかしながら「出来ないのはバグのせいだ」とうっかり思い込みそうに…_| ̄|○

では、ここから反転でヒントを置いておきます。

一番最初は人間
一番最後がピンクのボール
皿の成長は3段階で、ホネの成長は2段階
草よりも水を先に設置


RPGの時よりストーリー性は少ないと思いますが、ちょこまか動く人間が可愛かったです。

花嫁て!今週の「絶対可憐チルドレン」 

待ちに待った少年キャラが…!
彼の名は兵部京介(兵部卿宮にあたるのかな?藤壺中宮の兄で紫の上の父です)

山火事の現場でかいがいしく働くチルドレンを見上げる少年。

「気に入ったよ。さすが僕の“女王”だな…!!」

女王と言えば「破壊の女王」
チルドレン・薫の成長した姿。
つまり、この少年は薫を見て「僕の」と言ってるわけですか?

チッ…(心で舌打ち)

待望の皆本のライバルキャラと思いきや、幼女目当てですよ。
「将来僕の花嫁にしたい」とか言ってますよ!
しかも見た目は少年、頭脳は80歳て!

いや、待て。
「将来花嫁にしたい」と言うのは口実で、実は皆本目的だったら?
チルドレンの身の安全と引き換えに皆本を要求…っ!いける!
見た目は結構美少年だし、皆本に「優しいんだなキミは(気に入ったよ)」とか言ってたような、言ってなかったような!

───と思うも、兵部京介なぁ…
どこがどうと言えないんだけど、萌えレーダーに引っかからない…
ガクランなのに!(大好きです)
眼鏡をかけてないから?ガルマみたいな髪型だから?
こわしや我聞の辻原さんがえらい目に遭っちゃったから、新たな萌えを発掘する気力が萎えてんのかなぁ。

でもチルドレンの身の安全と引き換えで、局長に熨斗付けて人身御供にされる皆本とか妄想するとやっぱり萌える…っ




皆本と兵部


皆本はチルドレンの為に一肌脱ぐべきだな!(文字通り)

今週の「こわしや蛍司」 

───ずっと前から……
あなたには聞きたいことがあったんだ──────


それは青天の霹靂でもなんでもない。

先週の辻原さん第一研潜入、柱の「次号急展開!」のあおりから、かなり嫌な予感が───
うん、してたものの、それでも目の当たりにすると結構きついなぁ…と言うのが正直な気持ちです。

将来辻原姓の人と結婚して「辻原の妻でございます」って言うとか、生まれた子供に「蛍司」と名づけるとか、某巨大掲示板に「人間専門・辻原さんはエロかっこいい」ってスレを立てて、自作自演で1000まで行くとかね。
もちろん1000取り合戦も自作自演「1000なら辻原さんと結婚」ってレスして、あまつさえ2スレ目まで立てちゃって、また自作自演で「前スレ>1000オメ!」とかよ。
そんなささやかな夢。
半分冗談で半分は本気で持ってたんだけどな。

サンデーで一番の男前が、舞台から降りる事になってしまいました。


真意を問いただす為、我也社長の前に立つ辻原さん。
返答いかんによっては「排除」しますとナイフを構える辻原さんに、我也は言う。

「人殺しだったお前が、殺しをしないと誓いを立てた眼鏡───」

そうだったんだ。
あの眼鏡は我也がプレゼントしたエンゲージ眼鏡…じゃなくて辻原さんの工具楽屋入社祝いだと思ってたんですが…。

今になって3巻の対十曲戦で辻原さんがメガネをはずした意味が分かりました。
何の為にわざわざメガネをはずしたのか。
メガネは「殺しをしないと誓いを立てた」アイテムだった。
そのメガネをはずす事によって「人間専門のこわしや」であった素顔を垣間見せたわけです。
若様もビビルわけですよね。

その眼鏡をはずした辻原さん。
閃光のように舞うナイフは、以前とは違う「魂のこもった一撃」
工具楽屋の為に、我聞の為に本気で我也に向かって行く。

ぶつかり合う二人と、滴る血。
だけど、その血は辻原さんのものだった。
さすがの辻原さんでも、我也の部屋に到着するまでかなり無茶をしたんだなぁ…
だって第一研の警備員、全員当身で気絶してるだけなんだから!
ナイフを使えばもうちょっと楽に突破できた場面もあったろうなと思うと…ね、この男前は!

そんな身体で現役最強のこわしやに向かってくんですよ。
弱弱しい一撃。
ぼろぼろの体。
内臓までやられて血を吐いても

あなたがもし我聞と戦う事になれば…どれだけ皆が辛い思いをするか分かったものではない」
「そんなことは絶対させません。それが私の工具楽屋への恩返しです」


───そう言い我也の前に立つ。
これにはもう───

最初から勝敗は決まってたんです。
辻原さんの覚悟が半端じゃない。

だから我也も覚悟を決めた。
監視カメラがある中、事の真相を話し出す。
めでたし、めでたし。
───んなわけない。
それから皆は幸せに暮らしましたと、そんな日本昔話のようなハッピーエンドは。

来やがりましたよ!ワカメとタラコが!
おまえら海鮮物シリーズか!
ずいぶん嬉しそーじゃねーか、凪原。

以前のエピソードで、若い頃の辻原さんが放った「魂の一撃」によってつぶされた凪原の左目。
その借りを返せると大喜びで銃をむけてますが、拳でやられた事を銃で返しては借りを返せた事にならないんじゃないでしょうか。
あんたは一生辻原さんに勝てなかったんだよ!当然もな!(これ重要、私的に)
自分のへたれっぷりをいつか死ぬほど後悔すればいい───。
辻原さんは、銃弾受けながらしっかり自分の仕事を全うしたよ?

向けられる銃がまるで見えていないかのよう。
事の真相と第一研の場所を伝える為、静かに辻原さんの指が工具楽屋の電話番号を押す。
描写には無かったものの、電話の最中辻原さんは銃弾を受けていたんですよね。
それでもいつもの調子で伝えるべき事を伝える。

これが私の最後の仕事です。いままでお世話になりました」

いつものうさんくさい笑顔。

「やっと…恩が返せました」

凪原の銃弾で窓に向かって倒れて行く間も、ずっと。


辻原さんが窓際に立ったのは計算上の事だったのでしょうか。
ポイントはやっぱり携帯電話。
発信機も兼ねている大事な携帯電話を誰の手にも触れさせないよう、自ら進んで窓から落ちたんだろうなと思います。
あれは辻原さんが工具楽屋を発つときに優さんから受け取った電話のはず。
普通の電話だったら「電波が届かない」状況に陥ってたかもしれません。
と言うより、あれだけの重要施設です、携帯電話が通じる方がおかしいでしょう。

さて、そんな辻原さんの真意に気付いたのか、我也が叫びます。

「辻原、お前…最初から───!」

その最初とはどの事を指すのでしょうか。
感情を持たないキリングマシーンだった自分を「人間」へと変えてくれた工具楽屋。
最初からとは工具楽屋に入社した時からだったのではと思います。
人殺しだった自分の命を、大恩ある工具楽屋の為にいつか使おうと思っていたのではないかと───そんな風に思えてならないのです。

あの怪我に、銃弾。そしてあの高さ。
生還の望みは無いに等しいです。

死んだ人間は生き返らない。
ゲームのように神様が生き返らせてくれる訳ではない。
だからこそ尊いものなのだと、それを元殺し屋が語るのか。
馬鹿な人。

今回のエピソードは「こわしや我聞」と言う物語を進める上で、重要なものだった、必要なものだった。
そう思うしかないし、そう思いたい。
辻原さんの死を意味のあるものにする為に。


こんなにかっこ良く描いてもらえて、辻原ファンとして普通に嬉しいです。
こんなに見せ場たっぷりに描いてもらえて良かったと。
ナイフを構える辻原さん、ダメージを受けた身体で気丈に立ち上がる辻原さん、そして…銃弾を受ける辻原さん…。
どのコマの辻原さんもピタリときまってました。
全国にいる推定500万の辻原ファンを泣かせるわけですから、画面から「下手な事したら殺される…!」と言う藤木先生の魂の叫びが聞こえて来るようです。
つまり、今回の原稿は藤木先生の魂が吹き込まれているんですよ───!(気分はASEドライバー)

自分が知ってる限りで、一番カッコイイ死に様を見せてくれたのは、スプリガンのボー。
そのボーさえ辻原さんはあっさり越えて、私の中に消えない思いを残してくれました。
だから今は、ただひたすらに寂しいです。
今回の感想もなんか無茶苦茶で、読んで下さる方には申し訳ないです。
でも、何か語りたいのです。





好きな人はいますか?
私はやっぱり辻原さんが大好きです。




■サイトの方へコメント下さった方々へ■
後ほどサイトのほうへお返事させた頂きます。
感情に任せて感想を書いては見たものの、のちほど書き直す羽目になりそうですヨ。
落ち着くまでちょっと待ってて頂ければ幸いです。

いい笑顔の「絶対可憐チルドレン」 

今回、前編と後編に分かれていた絶対可憐チルドレン。
ついに本格的な敵が出てきたので、今週は中編かな?と思ってました。


敵───「普通の人々」と言う名の反エスパー組織。
今回はその実行部隊が登場しました。
確かに普通の人間にとってLEVELの高いエスパーは脅威だと思います。
以前出てきたように殺人を犯したりするエスパーもいる。
力のない人々が、自分の安全を脅かす恐れのあるエスパーを、好意的に迎え入れる事は難しいでしょう。

そこで、ECMなんです!
超能力対抗措置の頭文字を取ったその「軍用超能力妨害装置」
これさえあれば「普通の人」と「エスパー」の間にある壁を取り除けるんですよ~v
なんて素晴らしい!

───と言うわけにはいきませんよね。

町中にECMが設置され、どんなにLEVELの高いエスパーも普通人と変わりなく過ごす日々。
だけど、犯罪を犯そうとたくらむ人物が「自分の回りだけECMを解除する装置」を身に着けてたらどうなる?
自分の回りだけと言うのは、犯罪を犯すときに、それを取り締まる側のESPも解除してしまったら意味が無いからです。
どちらも超能力をつかえると言う条件なら、力の強い方=チルドレン側が有利になってしまいますね。

先週号でこの装置が出てきたときはこんな事を考えてました。

今回は超能力を持たない側との戦いだったから、敵側がECMを作動させる事になったわけですが、この先エスパー同士の対決になった時は「より強力なECM」「より強力なECCM」が重要なポイントになってきそうです。

「こう言う技術は結局イタチごっこになるものなのさ!」

競争の最先端にいる為に、B.A.B.E.L.の中の人も大変ですね。

それにしても「普通の人々」の悪人顔っぷりはすさまじい!
もう、どう見ても悪者!子供だってかまわないで人質に取っちまう男たちだぜ。
さすがにこのビジュアルだと、皆本がパイプ椅子にくくりつけられて流血してる状態でも「うほっ!」とか妄想できないな!(しなくていい)
「普通の人々」以外の敵対組織で、皆本のライバルキャラになるような美形のアニキ切望。

まぁそう言うのは今後に期待として、今回は薫の皆本大好きっぷりに萌えました。
先週の「皆本は?皆本もやっぱりその方が安心?!」と聞く乙女心や、今週のECMを振り切った愛の力にトキメキです。
ああ、止められるよ!
武器や機械の力でじゃなく、愛情で!(うおーん)

でも一番萌えたのは「痛めつけられてる皆本」とか「皆本大好き乙女心」とかを異次元に吹き飛ばす「紫穂の澄み渡る青空のように清清しい笑顔」でした。


唐巣神父

GS美神37巻をふと読み返す管理人でした。

今週の「こわしや蛍司」 

桃子が工具楽屋に来て、およそ二週間───

二週間もいたんだ…なんか先週号数コマ違う服着た桃子が「ガモーン」「ガモン」って言ったけど…あれか!
せめて「果歩のパジャマを借りてる」場面とか「工具楽家で朝食を食べてる」場面があったらなぁ。
なんか色々イベント抜けてますよ?
風呂場でドッキリは基本なのに!
寝ぼけて我聞の布団に入っちゃう桃子とかをどれだけ楽しみしていたか…っ!
身の安全のためとは言え、桃子があっさり工具楽屋から抜けちゃうのは寂しい事ですね。

桃子を守れるかどうかは別にして、工具楽家って結構安全な場所だと思います。
だって我也さん真芝のVIPだし。
我也さんだって真芝に迎え入れられる時「家族に手を出したら、ただじゃおかねぇ」くらい言ってるんじゃないのかなぁ。

辻原さんの体内に埋め込まれていた発信機をたどって、一度は刺客が来てる。
もう、何年も前から工具楽屋の場所は真芝にばれてるんだし、自分達にとって邪魔な仙術使いを放置しておくのは、普通に考えたら不自然だと思います。
そう考えると、工具楽屋を直接攻撃してこないのには何らかの理由があるって事でしょう。

現在我聞は真芝の仙術兵器のモニタリングを担っている状態ですよね、なんとなく。
我聞を倒せば仙術兵器を認められるんですから。
「なにがなんでも我聞を倒す」のなら、家族や友人の命を盾に取れば、その目的は容易に達成できそうです。

だけどしない。 (話の分かるやつだ)

今の所我聞へ向けられる攻撃は「自分達の作った兵器が仙術使いに通用するか」と言う目的を持っているからでしょう。
だから果歩達は普通に生活していけるんだろうなぁ。
お金持ちの子供が誘拐を避ける為、秘密裏にカリブの孤島で育てられるとか言ったマンガを思い出してしまいましたよ。

今回分かった事は桃子が真芝についての知識をほとんど持たないと言う事ですね。
今頃わかめは「桃子を始末できなかった」と言う報告を真芝会長にしてると思うんですが、「あの小娘は真芝の事などろくに知らん、捨て置け」とか言ってくれないでしょうか!
そうすれば桃子たちも追っ手におびえる事無く、普通に生活が出来るんだし。
九州では普通の学校に通ったりするんでしょうか。
たくさん友達が出来て楽しそうにしている桃子を見たいですね。

こんだけ可愛かったら九州男児がほっとかないでしょう!
「ごめんね、好きな人がいるの」
我聞の笑顔を思い出して赤面する桃子を妄想しつつ、別れを惜しんでみたいと思います。
桃子タン!また出ておいで!

それから今週は番司もよかったですね。

「しばらく修行に出てたからさっぱりわからん」

番司…学校の単位は大丈夫なの?
って言うか出番無くて心配だったんだけど───いきなり果歩ちゃんとのフラグ立てますかパンツマン!
桃子の立場もあまり考えずにいろいろ言ってしまった…別れの時が近づいているのに、離れた場所で桃子の背中を見つめるしか出来ない果歩。
そんな果歩の背中を半ば強引に押してゆくのは番司───

ヘタレ返上!

ああ…なんて言うか「強引にフラグを立てた」って感じですか?
番司に向かって赤面する事3コマ!しかしこの3コマは歴史に残る3コマですよ!
「ちょ…ちょっと?!押さないでよパンツマン!」
このコマの果歩たん…作画が最高───!!

番司漢気発動ですよ…彼の頑張りのおかげで桃子と和解ですよ…
ご褒美に「パンツマン」から「番司」に格上げしてあげて欲しいものです。
だってこの為だけに登場したような感じだし。
番司がいなかったらこの役我聞か國生さんがやってたんだろうなぁ。
「お兄ちゃん…」or「はるなさん…(やっぱり兄嫁ははるなさんでないと!)」

いや、多分久しぶりに家族が来たからって理由だと思うんですが、ぜんぜん話すそぶりも無かったから。
まぁ「オリマーにプロポーズされたり」「反仙術で驚いたり」でそんな暇なかったか。

「反仙術」
仙術を無効化出来る人間がいる───。
さなえさんの動揺(命の杖を落とすくらい)を見ると、すごい力のようですね。
「学園アリス」の蜜柑のように希少で「絶対可憐チルドレン」のECMのように術者にとって致命的な代物なんでしょうか?
あ───!!なんか國生さんの事見てるし!
今後の戦いに、國生さんが当事者として巻き込まれて行くんだろうか…。


今回第一研の名前が出てきましたが、第一研といえば所長が優さんと同じペンダントをしています。
各所長の顔見せがあった時から「いったい第一研の所長と優さんはどう言う関係なのか」と話題にされてきましたが…
このまま我聞は第一研との戦いに突入するんでしょうか?
もしそうならペンダントのなぞが解けますね!

さて、ここまではほんの導入部(長いよ)
ここからが今回のこわしや我聞の本題です。

p417で我聞が「なに、その辺はきっと辻原さんが掴んでくれるさ!」
敬愛する師匠の事を信じきってる可愛い顔で我聞がいいます。
辻原さんが工具楽屋を去ってからと言うもの「辻原」と言う名前を見るだけでも全米が泣いた!ってくらい感涙してきた私なんですが…

辻原さん来た───!!
(気分的にはフォントサイズ×1000くらいの勢いで)

ああ…相変わらずお強くてカッコイイです…もうあなたの為に生きている私ですよ、辻原さん!
p420なんて一ページ丸ごと辻原さん…トラの手が一部入ってなければ歴史に残ったかも知れません(残しておきたい最高の一ページ協会とかで)

さすがに真芝のVIPだけあって豪華な部屋にいる我也さん。
「お前」だの「辻原」だの「かなり無茶しやがったな」だの、もうこの俺様受けめ!
それで辻原さんが敬語攻めときたら、胸のトキメキを隠せませんよ?

「それより覚悟してください。あなたを殺すつもりで来ましたので」

殺して───!!

この女殺し!(褒め言葉)
いきなりの登場に外れたあごが砕けるかと…さらに追い討ちをかけるようにそんなセリフをおっしゃいますか!
もうね、うっかり永眠どころの騒ぎじゃないですよ!
私の魂返して───!

ああ、でも…
アウェイでしかも現役最強の仙術使いである我也さんと戦う気ですか?
ううっ…無茶はダメよ辻原さん…
柱見たら「次号急展開」とかなってるし、気が気じゃないです。


辻原さんの扱いが大きかったブログサイト様
今週のこわしや(P&S浪漫日記。さん)
アゴヒゲ、パンツに心踊った水曜日(フィッシュ&スネークさん)
サンデー感想41号(ふるぱーしゃるさん)

Make-a-Flake 

Make-a-Flake

WEB上で紙を切り抜いて、雪の結晶を作る事が出切るサイトです。

「Make your own Snowflake」の部分をクリックします。
すると画面に6つ折になった紙が出現しますので、自由な形に切り抜いてください。
メチャクチャに切っても、結構綺麗な仕上がりになりますよ!

作品

管理人作


「Visit the Gallery」のコーナーで、ほかの方が作った作品を見ることも出来ます。
家紋のような作品や、どうやったらこんな形になるの?と思うくらい凝った作品───
時間が経つのを忘れます。

それに散らからないのがいいですねv

郵便猫 

以前記事の隅っこに書いた「郵便猫」に書籍化の話が来てるようです。

「郵便猫」
ある日、自宅の郵便箱に生まれたばかりの子猫を入れられたオッサンの奮闘記

フリーライターをしているある男性の家のポストに、生まれて間もない子猫が捨てられていた。
某掲示板(2ちゃんじゃないですよ)にそんなスレッドがたち、たくさんの写真とともに猫の健やかな成長具合が日々書き込まれました。
ライターと言うだけあって、猫の拾い主さんは文章がとても上手く、また写真の腕もいい事からスレッドにはたくさんの人が集まり、みんなで郵便猫と呼ばれるその猫の成長を楽しみました。
そんな郵便猫も先月、とてもいい飼い主さんの下へお嫁に行き、あとは拾い主さんのちょっとした動物に関するお話を楽しむだけ。
現在の「郵便猫5」を使い切れば、もうスレッドが立つ事もないなぁ…と、思っていたのですが───

掲示板の管理人さんの所へ某出版社からのメールが。

まだ書籍化が決定したわけではないです。
この記事を書いている現在、まだライターの男性のレスも書き込まれていません。

郵便猫はハッピーエンドでした。
拾った男性に子猫を育てる能力があった。
子猫は母猫に育てられても、死んでしまう事があるらしいのですが、郵便猫は大丈夫だった。
里親に名乗り出てくれる人や、子猫を育てた経験のある人々からの助言があった。
最後は良い方に貰われていった。
現在郵便猫がどうしているかわかりませんが、新しい飼い主さんの所で幸せに暮らしているんだろうなと思います。

もし、郵便猫が書籍化したらどうなるんだろう。

生まれたばかりの子猫を人の家の郵便ポストに入れるような人が増えたら嫌だなぁ…


郵便猫のまとめサイト
ニコンオンラインアルバム:郵便猫 (777RR さん)
郵便猫ダイジェスト(pawさん)
Collected some of Wakashika-sensei's essay.(postkitty さん)
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

mina

  • Author:mina
  • 好きな漫画

    「こわしや我聞」
    皆川亮二全般
    好きな小説家
    島田荘司・綾辻行人
    二階堂 黎人・森 博嗣
    麻耶 雄嵩・有栖川有栖
    東野 圭吾

    緑谷半ケツ
管理人サイト
オススメ漫画

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 9 (9)
posted with amazlet on 06.01.18
藤木 俊
小学館 (2006/01/18)

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード


なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。